営業時間:9:00~19:00|休日:土日祝日

【ランディングページ(LPサイト)とは?】

ランディングページについていろいろ解説していきます。

  1. ランディングページとは
  2. ランディングページのアクセス経路
  3. ランディングページの制作目的
  4. ランディングページの特徴
  5. ランディングページのメリット
  6. ランディングページのデメリット
  7. ランディングページのまとめ
  8. ランディングページの制作料金と制作期間

ランディングページとは

ランディングページの本来の意味とは、インターネットで検索した結果や広告などで検索してユーザーが最初にアクセスしたページのことを指します。

 

例えば、トップページに最初にアクセスしたときはトップページがランディングページになり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの検索結果から気になったページをクリックしてアクセスしたページが「代表者挨拶」ページにダイレクトにアクセスしたときは「代表者挨拶」ページがランディングページになります。

 

よく聞くランディングページは、「成約率やお問い合わせ数の増加、求人応募数の増加」などの目的達成する率を向上させるための、一部に特化して説明するページのことを指します。

また、一部に特化した専門性の高いウェブページは、SEO対策にも効果があります。

ランディングページへのアクセス経路の種類

ユーザーが最初にアクセスするページがランディングページということですが、その流入経路(どのような流れで最初のウェブページに到達したのか)としては以下のことが一般的です。

 

1、検索エンジンの検索結果

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果からのアクセス(自然検索といいます。)

通常の検索結果はリスティング広告(検索結果の一番上に『広告』と記載があるウェブページ)の下に表示されます。

 

リスティング広告を除く、自然の検索結果からの流入のことを指します。

通常のホームページでは一番多く最も有力な検索結果の流れになるでしょう。

 

ホームページの中のランディングページを検索上位を維持できれば、費用を抑えて長期的に集客できるようになります。

 

このとき、検索結果で上位表示できるようにしたり、検索結果でユーザーがクリックするページを増やしてアクセス数を高めたりする施策のことを「search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」と呼びます。

 

一般的には『SEO対策』という言葉でよく使用されています。

※SEO対策の方法につきましては、以下のページをご覧ください。

SEO対策とはどんなことをするのか? 長期的にホームページで集客するためのページを作るためにはどのようなことをすればいいのか?

SEO対策サービスページはコチラ

 

2、リスティング広告

リスティング広告多くは通常の検索結果の上に表示されます。スマートフォンで検索したときに下側に表示されることもあります。

 

リスティング広告利用者は費用を負担して広告表示をしており、検索ユーザーが広告をクリックしたときに利用者に費用が発生する仕組みになっています。

 

クリックせずに、表示されただけでは費用は発生しません。

 

検索したキーワードによっては、1クリックあたりのリスティング広告費用は数十円~数百円と大きく異なるため、リスティング広告を利用する際には、費用設定に注意しなくてはなりません。

 

しかし、費用を払えば、確実に検索結果の一番上に表示されるので、SEO対策に比べて、ランディングページとしての即効性と確実性が担保されます。

 

リスティング広告を利用してランディングページへ到達させるには、費用負担の大きさから短期的に利用することが望ましいです。

3、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNS

現代では、FacebookやTwitter、InstagramといったSNSの利用者が増加していることから、SNSを利用してアクセス数を伸ばすSEO対策の重要性が高まっています。

 

SEO対策やリスティング広告と比べて、SNSは情報の拡散力や拡散スピードの面においては、非常に強く、既存顧客への継続的なPRやたまたまタイムラインに流れてきて見てくれた方の新規顧客となりうる可能性があるため、アクセスしてほしいランディングページへの案内にSNSは非常に有効な手段です。

 

ただし、SNSは利用方法を間違えると、拡散性の観点から、ランディングページ・SEO対策の効果としてマイナスの効果が大きくなってしまいます。

 

ソーシャルメディアであることを理解して使用する必要があります。

SNS(ソーシャルメディア)の正しい利用方法はコチラ

自然検索・リスティング広告・SNS以外にも以下のようなアクセス経路

メールマガジンなどに記載したリンク
他のホームページに設置されているリンク
チラシやパンフレット、名刺などに設置したQRコードのリンク

 

ランディングページの制作目的

ホームページと別個でランディングページ制作する目的は以下の通りです。

 

  • ランディングページで主力商品の流入量を増やす
  • 主力商品のお問い合わせを増やして直接的な成約率アップを目指す
  • 見学会や内覧会などのイベントの予約を増やして集客する
  • 試供品や無料会員、無料体験版への申込みを増やして集客する
  • 求人募集ページ制作による人材確保

 

ホームページでは一般的に、トップページからのアクセスは全体のアクセスのうち、約20%前後といわれています。

残りの80%であるサブページ(個別に案内をしたいページ)へ、検索エンジンでの検索結果として直接アクセスしています。

 

ランディングページを通じてホームページのアクセス数を増やすにあたり。

トップページ(インデックスページ)は、索引ページであるため、トップページへのアクセスを促進するより、検索ユーザーにどのウェブページにアクセスしてみてほしいのかを検討してもらえるようにします。

 

また、成約率の向上、お問い合わせ数や求人応募数の増加などの達成目的別にランディングページを設置する必要があります。

ランディングページの特徴

1、縦長のレイアウトで制作することが多い

ランディングページ(LP)は一部の情報だけに特化して制作することが多いため、専門的な情報量が多いです。

そして、ランディングページへのアクセスで、集客からお問い合わせのアクション誘導まで、LP単独でおこなえるように設計します。お問い合わせや電話しやすいようにレイアウトを考えて制作します。

2、関連性のないリンクを設置しない

ランディングページ(LP)は、関連性のないウェブページのリンクを設置しません。

ランディングページ(LP)は注文やお問い合わせ、求人募集などのアクションを検索ユーザーに行動してもらうことだけに特化しているといっても過言ではありません。

 

他のウェブページへのリンクを設置してしまうと、検索ユーザーが他のウェブページのことも気になってしまい、SEO対策の効果を低下させ、注文数の低下などにつながってしまうとこもあります。

 

できる限り余計なことを記載しない、リンクを設置しないというのはランディングページならではの特徴です。

3、デザインの自由度が高い

ランディングページ(LP)には成約数(注文数)を増やすなどの目的に関係ないリンクは必要ありません。

ということは、サイドメニューなども設置する必要がなく画面を広々と活用できます。

 

一般的なホームページは、ナビゲーションメニュー(各ウェブページへの案内)、サイドメニュー(会社概要など会社に関連するけどメインではないウェブページ)を設置しますが、ランディングページでは、これらを設置しませんので自由度が高い、そしてデザイン性の高いウェブページを制作できます。

ランディングページ(LP)のメリット

ランディングページ(LP)のメリットは、通常のページに比べて「成約率」が高くなど目的別の達成率がアップします。

 

ランディングページのメリットについて詳しくお話していきます。

1、検索ユーザーが目的以外のウェブページに移動することが少ない

通常のホームページでは、バナーボタンや説明ページリンクなどを多く設置します。

検索意図とは違うページが多く表示されるため、ウェブページ間を移動するたびにアクセスしてくれたユーザーが2~3割ホームページから離れていきます。

 

ウェブページ間を移動するたびにホームページから離脱する可能性がアップするので、注文フォームやお問い合わせフォーム、求人ページに到達する検索ユーザー数は減少します。

 

ランディングページでは余計なウェブページを設置しないことから、ウェブページ間移動が起こらないので離脱が少ないことで、離脱率を下げ、目的達成率を上げることができます。

2、検索ユーザーが得たい情報が集約されている

通常のホームページは、検索ユーザーが知りたい情報を探す手間がかかります。

このことから、検索ユーザーは検索がめんどくさくなり、目的の情報にたどり着けなかった場合は、ホームページから離脱してしまいます。

 

検索ユーザーに十分な情報提供を行わないと、アクションが起きません。
検索ユーザーに注文やお問い合わせ、求人情報応募などのアクションを起こしてもらうには、商品やサービスへの情報を出来る限り多く、かつ、わかりやすく伝える必要があります。

 

ランディングページ(LP)の目的として、検索ユーザーが知りたい情報だけをページだけを集約させています。

そして、ランディングページ(LP)にアクセスした検索ユーザーは、画面をスクロールさせていくだけで、必要な情報を取得できるように制作しています。

 

このことから、自然と商品・サービスへの理解度が深まり、注文やお問い合わせ、求人の応募などのアクション率を上昇させることができます。

 

3、情報を丁寧に伝えられる

注文やお問い合わせ、求人応募などをしてもらうには、情報を伝える順番が重要になってきます。

テレビ通販番組では購買意欲を高めるために、情報の順番をよく考えて制作されています。

通常のホームページでは、検索ユーザーのとっての情報を丁寧に、購買意欲を促す順番で情報を伝えられるとは限りません。

 

通常のホームページでは、効果的ではない順番で各ウェブページを見た結果、「ほかの会社のホームページも確認しようかな」と判断して自社ホームページから離脱してしまう検索ユーザーが増加します。

 

ランディングページ(LP)を設置すると、目的達成に応じた専門の営業担当を配置するようなもので、インターネット上で、休まずに働いてくれているのと同様の効果を得られるので、自然と注文率、お問い合わせ数、求人応募数が増加します。

ランディングページ(LP)のデメリット

ランディングページが何物にも勝る万能なウェブページというわけではありません。一定程度デメリットも存在します。ランディングページならではのデメリットも記載します。

1、作成するのに手間がかかる

ランディングページ(LP)は成約率を高める、求人応募数を増やす等商品や会社のためのセールストークに近い文章構成になります。

 

ランディングページ(LP)の効果を高めるには、成績の良い営業マンや商品・サービスについて熟知した従業員が直接原稿を作成したり、これらの従業員に基づいて原稿を作成する必要し、検索ユーザーのコンバージョン率(目的達成率)を高めることができるように、通常のホームページよりじっくり検討して制作する必要があります。

 

コンバージョン率を高めるウェブページの原稿作成は、非常に手間の華夏作業になります。

制作コストが高い

ランディングページ(LP)は検索ユーザーのアクションを生起させるようなデザイン性が高いページを高次元の文章構成力との兼ね合いも考えながら制作するため、パソコン操作スキルやWebデザインの知識・技術が乏しい方が自作するのは大変困難であり、ホームページ制作会社に依頼するのが望ましいです。

 

制作困難であるということは、ランディングページ(LP)制作をお受けしているホームページ制作会社も制作には時間がかかるため、ランディングページ(LP)制作費用も高くなり、制作費用は1ページあたり8万~100万程度と費用の幅が非常に広範囲です。

 

スマートフォン最適化やタブレット対応のランディングページ(LP)を制作する場合には、さらに追加料金が必要となります。

スマートフォン閲覧への対応は必須

現代では、スマートフォンが多く普及しており、約40%はスマートフォンからのアクセスになっています。

 

スマートフォン表示に対応していないと、ウェブページが読みづらくなり、閲覧者のストレスとなり、コンバージョン率が低下します。

 

なにより、2020年9月よりインターネットでの検索ではスマートフォンの検索に対応していないホームページは、ざっくりいうと検索結果の順位を落とすとGoogleが発表しています。

※新型コロナウィルスの関係で2020年3月に変更しています。

 

閲覧者やSEO対策の観点から、スマートフォン対応は必須といえます。

ランディングページのまとめ

・ランディングページは最初にアクセスするページのことですが、ここでいうランディングページは目的達成特化した専門的なページである。

 

・検索ユーザーにとってわかりやすい説明を縦長で構成し、目的達成の関連性が低い文章を排除し、関連性の低いリンクの設置しない。

 

・目的達成率向上のため、検索ユーザーにとってわかりやすい文章構成やレイアウトが非常に難しく、ランディングページ制作コストが高い。

 

・制作に時間がかかる

 

・スマートフォン対応は必須

 

・SEO対策の効果が高い

ランディングページの料金・制作期間

料金

8万円~100万円であることが多い

詳しい文章構成やデザインのレイアウトは相談しながらじっくりと制作することが必要。

制作期間

制作期間は、2週間~2か月ほどで、制作内容により変動します。

TOP

ブログトップ-検索一覧