営業時間:9:00~19:00|休日:土日祝日

YouTube動画

【YouTube動画のSEO対策はどのようにして行えばいいのか?】

YouTube動画

YouTubeのSEO対策について

YouTubeの需要がどんどん高まってきています。

それは面白い動画やお役立ち情報、普段お目にかかれないレアなものが見れる動画が見れるためです。

 

これからYouTubeを始めるという人もまだ大丈夫です!

これも根拠ありきの話。

 

YouTube動画を利用して企業の売り上げに繋げましょう。

YouTube動画SEOは何がオトクなのか?

YouTube動画がオトクな点は動画という特性のためです。

 

ホームページは文字であることが通常ですが、YouTubeは言葉に抑揚をつけたり、感情を表したり、表情や動きまでも伝えることができます。

 

このことから、一般的なホームページと比較して商品説明や実際の使い方をわかりやすく伝えることができるため、信頼性が獲得しやすく、成約率アップにつなげることができます。

YouTubeがねらい目である理由

1,YouTube動画を上げるだけの人が多い

YouTube動画はをやっている人は非常に多いわけですが、ほとんど見られることがない動画です。

 

YouTube動画の上位表示の仕方がわからないことやとにかく頑張れば再生回数が伸びるであろうという甘い感覚で行っているためです。

 

YouTube動画SEOの上位表示や関連動画表示をするには方法があるということです。

2,メンタル的にきつい

どんなに良質な動画であっても必ず低評価や批判コメントが付きます。

そのため、辛くてやめてしまう人や本気で頑張る人が少ないのです。

 

誹謗中傷はともかくとして、批判コメントはもしかしたら自身のYouTubeの質を上げてくれる「大切な人」になってくれる可能性は高いので真摯に受け止めて改善していくのが良いでしょう。

3,客層が変わる

ホームページを見て何かを買おうという人は値段が安ければその場でぽちっと購入してくれるかもしれませんが、高額な場合はお店を訪れて詳しく話を聞いて買うという行為に至るのではないかと思います。

 

YouTube動画の場合、コンテンツを増やしていくことで、お店で直接聞きたいことが動画で聞けて、そのまま高額な商品対しても成約率を高めることができる可能性がアップします。

ホームページ(ウェブサイト)とYouTube動画SEO対策の共通点

では、YouTube動画のSEO対策はどのようにすればいいのか。

原則はブログなどと同じです。以下のことを行うと良いでしょう。

  • テーマに沿って話を進める
  • 動画タイトルに目標キーワードを入れる
  • 説明文に目標キーワードを入れる
  • キーワード入力欄にもキーワードを入れる

 

これらは最低限の内容であり、現代ではこれだけでは足りません。

YouTube動画SEOでやってはいけないことやるべきこと

YouTube特融のSEO対策についてです。

いっぱいあるのですが、全部核と長くなってしまうので、厳選して7つお伝えします。

やってはいけないこと

《1,動きがほとんどない又は動きがない》

⇒ YouTube動画の長所が台無しです。YouTubeを見ている人は動画を見たいんです。

また、動画でないとYouTube運営から何らかの制限がかかることもあります。

 

《2,雑な作りの動画》

⇒ 論理だってなくて説明がちぐはぐになったりすること。

これは批判コメントどころか誹謗中傷が集まりやすくなります。

 

《3,動画の時間が短い又は長すぎ》

⇒ 動画の時間が短ければ有益コンテンツという評価がされにくいです。また、表示される時間が長いだけで自身が頑張って作った動画を見てくれなくなることもあります。

適切な長さにする必要があります。

 

《4,更新頻度が少ない》

⇒ 更新頻度が少ないと『このチャンネルはダメかな?』という評価につながり、上位表示や関連動画として表示されにくくなります。

やるべきこと

《1,チャンネルページはしっかり作る》

⇒ 表示設定がしっかりなされていないとチャンネルに訪れてくれたとしてもすぐに離脱してしまいます。自身でしっかり勉強して作るか、プロに依頼して作成してもらいましょう。

 

《2,できれば顔出し》

⇒ 顔出しはためらう人がいでしょう。しかし、顔出ししたほうが信頼度は高まります。顔出しはさすがにきついという方は、自社宣伝のためのVtuberとしてキャラクターを登場させるのもいいですね。

 

《3,チャンネル登録、高評価ボタン、コメントを促す》

⇒ ワイエスウェブテック横浜代表者はよくYouTube動画を見るのですが、冒頭や最後で『良いと思った方はチャンネル登録、高評価ボタンをお願いします』ということをよく言っています。

又、『考察して他にもこんな意見があるよという方はコメントをよろしくお願いします。コメントは全部見てますよ』といってる方もいます。

 

これらは、数が多いほど人気が出て上位表示や関連動画表示として上位表示するのに重要だと理解しているためです。

 

できる限り早くコメントにも返信しましょう。

 

《4,時間設定》

⇒ 短すぎず長すぎずというところですね。7~13分の動画がちょうどよいです。

内容によっては倍速再生されることも考慮した動画づくりをすることも最後まで見てくれる(実質的滞在時間の増加)ことにもつながります。

 

《5,YouTube動画を上げるタイミング》

⇒ 動画を上げるタイミングは重要です。

自分の動画はどんな時間帯・曜日などで見てくれる人が多いか解析して、一番多いタイミングでアップします。

上位表示されて再生回数に貢献しやすくなるためです。

分析はしっかり行いましょう。

 

《6、いっぱい動画を上げる》

⇒ できれば毎日動画を上げていきましょう。

あまりにも更新頻度(最新情報)が少ないと有益コンテンツだと判断されなくなってしまいます。

少なくとも2~3日に一回は上げたいところです。

 

《7,カテゴリごとの整理》

⇒ 上げた動画が多くなってきたら、カテゴリごとにまとめましょう。

動画を見やすく整理することで『あ、この動画も気になる』と思い、関連動画の視聴回数も伸びます。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はYouTube動画を見てもらうために、SEO対策としての大事な基本要素をお伝えしました。

 

成約率を高めるためのYouTube動画づくりというブログ記事もアップしようと考えています。

気になる点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ではまた(^_^)/~

TOP

ブログトップ-検索一覧