営業時間:9:00~19:00|休日:土日祝日

cmsに対するSEO対策解説

【JimdoはSEO対策に弱い?WordPressはSEO対策に強い?】

cmsに対するSEO対策解説

CMSのSEO対策-強い弱いはあるのか?

無料ホームページサービスJimdoは無料なだけにSEO対策として設定できる箇所が少ないので、SEO対策に弱いのではないかと言われているという話を聞きました。

 

実際のところどうなのでしょうか?

 

逆にWordPressはSEO対策に強いと言われています。

コチラも真実性はどうなのか。

 

解説していきますね。

SEO対策の極論

いきなり極論ですが、SEO対策の極論としては、Googleが考える検索ユーザーの気持ちを満足させる方法を理解していればどの方法を用いてもSEO対策の効果を出すことは可能です。

 

SEO対策のやりやすさというの差があると考えてよいでしょう。

 

とすれば、jmndoでもWordPressでも、さらにはホームページビルダーでもhtmlで記述してもいいんです。

 

検索ユーザーの気持ちをしっかり考えているか。

SEO対策の方法を知っているのかどうかというだけです。

jindoの特徴

個人でブログをやっている人が多い印象が強いです。

スマートフォンで更新できて初心者向けです。

 

無料版や有料版などがあると思います。

jimdoを提供している企業のサービス内容としてのやりやすさはあるかもしれません。

 

有料版は初めからそれなりにSEO対策の一部を実装されているかもしれません。

WordPressの特徴

無料テンプレートテーマ

WordPressで無料テンプレートテーマを使用する際、初めから様々な機能がついています。

 

さらに実装されていないけどほしい機能は「プラグイン」というスマートフォンアプリのようなものをインストールして使用することで機能的に充実させることができます。

 

当然、SEO対策向けのプラグインというのもあります。

 

一般の方でもSEO対策が行いやすいようになっていて、すぐ使い方になれることができるでしょう。

有料テンプレートテーマ

有料のほうがさらに機能が追加されて使いやすくなります。

 

SEO対策も一般的にはやりやすいでしょう。

まとめ

極論のところでも触れましたっが、どのCMS、CMSではない方法、どれでもオッケーなので、SEO対策の基本をしっかり理解することが大事です。

 

タイトルに目標キーワードははいっていますか?

 

メタディスクリプションに目標キーワードを含めた要約解説文になっていますか?

 

大見出しに目標キーワードは含まれていますか?

 

タイトルテーマに沿った文章を書けていますか?

 

文章は論理的にかけていますか?

新しい情報を取り入れ続けていますか?

 

何よりもまずは正しい知識を「客観的」な目線を保ちつつ、検索ユーザーの気持ちを大事にし、SEO対策を実践していきましょう。

【タグ検索】

TOP

ブログトップ-検索一覧