初期費用無料!月額2万円~のSEO対策

ワイエスウェブテック

電話相談ボタン

お問い合わせフォームボタン

横浜市-横浜駅

神奈川県横浜市に特化したウェブ集客でアクセス数アップする方法

アクセス数を増やし、ウェブ集客に貢献する

横浜市の地図

ウェブ集客するにあたり、まずアクセス数アップが大切になります。神奈川県横浜市におけるウェブ集客するための方法の一つとしてご提案します。

 

横浜市の特徴から考えるウェブ集客

横浜市は、神奈川県の東部に位置した東京湾に面した同県の県庁所在地です。

人口は約373万人、18の行政区を持つ政令指定都市の一つで、日本の自治体で最大の都市です。

また、横浜市は、鉄道も色々整備されています。

横浜市を通る沿線には、「相鉄線」「JR線」「京急線」「東急東横線と目黒線」「みなとみらい線」「横浜線」「横浜市営地下鉄」「京王線」「横浜シーサイドライン」など多くの鉄道が存在します。

 

上記のことから、横浜市でのウェブ集客一つ目の考えとして、多数の人口や交通の利便性を考慮して、全国対応の集客を目指すというより、ローカルSEO・MEOで地域密着型の集客を実施するのが望ましいと考えます。

二つ目の考えとして、全国対応のウェブ集客を行う場合は、横浜駅などの主要駅から離れることで家賃を抑えて安価でお客さんにサービス提供することが可能となります。

 

ホームページによる集客以外にも、業種に応じたSNSでの集客もご提案します。

地域ごとのウェブ集客の考え方の例

ウェブ集客について

主要駅では以下のようなビジネスが目立ちます。

  • 横浜中華街などの特徴のある飲食店
  • 横浜駅内は飲食店のみならず、ビブレといったなどファッション店がビルに入っている
  • JR関内駅には地方裁判所、検察庁、家庭裁判所があることから、弁護士や司法書士の事務所の総計が200を超える激戦区
  • 新羽駅は小さな町工場が多い
  • 鶴見区は大規模な工場が多い
  • 都筑区は陸運局が近いことから中古車販売店が多い

横浜市主要地域は、事業上利便性の高い場所には非常に多くの専門店・専門的分野事務所が並んでいます。

このことから、主要地域では潜在顧客が分散しやすくなるのが特徴です。

 

主要駅でビジネスを行うことも方法の一つではありますが、このビジネス情報を逆手に取って、関内駅や横浜駅などの主要駅から若干離れた場所でのウェブ集客を行うことでアクセス数をアップしやすくなります。

ウェブ集客するための準備
SEO対策・MEO対策・ホームページ

自社ホームページを整える

参考

同業他社より良いSEO対策の実施

同業他社のホームページを分析することで、どのようなSEO対策を施すのが最適なのかを検討することができます。

 

検索結果1位を目指すのが当然理想です。

 

しかし、必ずしも1位である必要はありませんし、潜在ユーザーが求めるものが検索結果1位のホームページに存在するとは限りませんので、1位でなくてもウェブ集客は可能です。

 

横浜市は、川崎市や藤沢市、茅ケ崎市と比較してSEO対策の難易度は高めとなりますが、最低でも5位内を目標としてSEO対策を行い、クリック率を高め、アクセス数を増やすことができます。

(弊所は2022年9月21日現在「ウェブ集客 横浜市」で3位です)

 

SEO対策のサービス詳細については以下のウェブページを参考にしてみてください。

月額2万円~のSEO対策サービスについて

消費者心理学の観点から成約率を高める

順位が上昇してアクセス数を増やすことができた後のことも考え、自社のホームページをどのように見せて購買意欲を高め、コンバージョン率(成約率)を高めるかを検討しておかなけばなりません。

 

弊所のようなシンプルデザインがいいのか、画像や動画(YouTube埋め込み)が多い方がいいのか、華やかなウェブページがいいのかなど多角的に検討し、消費者心理学の観点からホームページによるウェブ集客を行います。

 

ホームページ制作・修正変更については以下のウェブページをご覧ください。

10万円~ホームページ制作ページはコチラ

また、横浜市は助成金がいくつかありますので、以下にリンクを設置しますので、ご覧ください。

横浜市の助成金はコチラ

見落としがちな部分を補填するSEO対策

(2022年9月21日現在「SEO対策 日吉」地図アクセスページ1位)

 

検索数の少なそうなキーワードに対するSEO対策をロングテールSEOと言います。

特定の狭い地域に絞って行うSEO対策をローカルSEOと言います。

 

上記画像の通り、狭い範囲でのSEO対策では検索件数が少ないのですが、上位表示されやすくなります。

検索数の少ないキーワードを狙うことから、わずかな検索ユーザーもできる限り取りこぼさないようにし、アクセス数増加に貢献します。

 

飲食店など業種によっては、ロングテールSEOやローカルSEOがウェブ集客と鍵となります。

地域密着型の集客に必須のMEO対策

(2022年9月21日「ウェブ集客 港北区」地図検索2位)

ローカルSEOの方法の一つとして、地域密着型ビジネスのアクセス数アップには「MEO(Map Engine Optimization⇒地図検索最適化の略)対策」の実施が必須となります。

 

通常の検索結果で上位表示されなくても、通常の検索結果の中で、地図検索結果で一ページ目に表示されることがあります。

横浜市でビジネス展開をしている個人事業主様・中小企業様はGoogleマイビジネスに適切な情報を入力し、ローカルSEOの対策の一つとしてMEO対策もしっかり行っていきましょう。

 

「すべて表示」をクリックしなくても自動的に表示されるように、地図検索結果で3位以内を目指します。

SNS・動画配信サービスの活用し、
自社HPのアクセス数アップを狙う

弊所代表者は複数の事業を行っており、業種ごとにTwitter、Facebook、Instagram、アメブロ、ツイキャスを使用していますが、業種別に使い分けております。

 

業種ごとに利用するSNSを見極めなけなければ、SNS・動画配信サービスの運用が逆効果となることがあります。

世界的によく利用されているTwitterならどの業種でも集客できるわけではありません。

 

どの業種がどのSNSを利用することが適切かつ効率的か、運用方法をお伝えし、SNSや自社以外のブログなどの外部サイトからの流入させ、アクセス数を増やし、ウェブ集客に活用します。

 

YouTubeのSEO対策やツイキャスなどの動画配信サービスによる集客についてもお気軽にご相談くださいませ。

ご相談

ワイエスウェブテックでは、上記のように様々な方法で横浜市に特化したウェブ集客を行っております。

 

弊所代表者は泉区、瀬谷区、港北区等の横浜市各地に住んだ経験があり、また、港南区、栄区、都筑区、戸塚区、中区などに自営業で赴くことが多かったことから、横浜市のどこでどのようにしてアクセス数を増加させることが最適か提案することができます。

 

SEO対策、MEO対策、ホームページ制作~他社制作ホームページの修正、無料外部ブログ、SNS、動画配信サービスなど様々な媒体を利用してアクセス数をアップさせる方法をご提案します。

 

IT関連、飲食店、自動車関連、美容健康、法律会計事務所など、どのような業態でもお気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせフォーム

TOP

ブログトップ-検索一覧